妊娠できない場合、様々な原因が考えられますが、その中の一つに女性の排卵障害があります。 不妊の原因の多くが排卵障害だともいわれていますから、妊娠できない場合には、まず排卵障害を疑った方がいいでしょう。 妊娠する為には、排卵が必要不可欠です。 卵子が排出されなければ、精子と巡りあって、受精する事ができませんよね。 では、なぜ排卵障害になってしまうのかっていうと、主な原因はホルモンにあるそうです。 無理なダイエットをしたり、ストレスを抱えていたりすると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。 ホルモンバランスが崩れると、排卵しないことがあるのです。 また、内分泌のバランスが崩れることでも、排卵しない事もあるかもしれません。 この排卵障害の治療法としては、排卵誘発剤を服用するのが一般的です。 排卵誘発剤を服用すると、人工的に卵胞を成長させることができます。 もし、なかなか妊娠できないのなら、まずは基礎体温を毎日付けてみましょう。 基礎体温を毎日付けることで、排卵しているかどうかをチェックすることができるだと言われているんです。 排卵は、高温期と低温期の境目で起こります。 高温期と低温期が乱れていたりしたら、排卵障害の可能性が高いのです。 その場合は、一度婦人科で相談してみてくださいー